3列シートでゆったり夜行バスライフ

長期間の夜行バスではシートが狭いとお尻が痛くなってなかなか眠ることもできません。
次の日にも影響しますので夜行バスだからこそしっかり寝たいもの。
そんな悩みを解決できるのが3列シートタイプのバス。
通常の4列シートのところを3列にすることで、広々とくつろぐことが出来ます。
また隣あっていないシートが多いので、横の人を気にすることもありません。
ここではそんな3列タイプの夜行バスでお勧めのものをご紹介しています。

シートの種類について

高速バスのシートには、配置の種類と、シート自体の種類があり、それぞれいろいろなタイプに分かれています。
シートの配置や種類によって、当然料金も変わってくるので、自分のニーズに合ったシートタイプを選択しましょう。
シートの配置は、3列シートと4列シートに分かれます。3列シートの場合は主に、独立したシートが3列並んでいるタイプと、独立したシートと、2列並びのシートが配置されているタイプがあります。

トイレの位置などによって、シートの配列が変わってきます。4列シートの場合は、2列並んだシートが2列に並んで配置されています。
3列4列混合の場合は、独立したシートが3列配置されている箇所と、4列シートの配置が組み合わさっており、4列シートは後方に配置されている場合が多いです。こちらも、トイレなどの位置によって配置が変わってきます。

シート自体の特徴

シート自体にも種類がたくさんあり、レギュラーシート、スーパーシートなど、シートの幅やリクライニングの角度に違いがあります(スーパーシートにもいろいろな種類があります)。
例えばある高速バス会社のレギュラーシートでは、シート幅が約45cm、リクライニング最大斜度が120度なのに対し、スーパーシートではシート幅が約50cm、リクライニング最大斜度は140度と、大きな違いがあります。
また、シートのタイプがよい高速バスは、車中でのサービスもよい場合が多いです。長時間高速バスで過ごす旅では、なるべく座り心地がよく、眠るときに寝つきやすいシートを選ぶと、快適な時間を過ごせるでしょう。